■風俗情報:絶滅の危機にある手コキでのプレイ

■風俗情報:絶滅の危機にある手コキでのプレイ


■風俗情報:絶滅の危機にある手コキでのプレイ
"オナクラと言われているのは、『オナニークラブ』として知られています。
つまり男性の自慰行為を女性に見てもらう風俗であり、マニアの間では人気があります。
もし貴方がこれまでに一度も風俗を利用したことが無いのでしたら、騙されたと思って一度行ってみてください。
これまでに貴方が感じたことのない最高の気持ち良さを体験することが出来るハズです。
街中で普通に歩いているような一般的な女性の目の前でオナニーを見せたいという願望のある方にはオススメです。
そんなオナクラの中には、手コキをしてくれるサービスや上半身裸になってくれるなどのサービスを提供しているお店もあります。
オナクラにおきましては、基本的に女性は脱いだり、身体を触らせてくれません。
そのことからアルバイト気分で学生や素人の女性が多く在籍していることが多くなっており素人娘とエッチなことを楽しめます。"



■風俗情報:絶滅の危機にある手コキでのプレイブログ:19/12/05

終戦直後、
俺たち一家は、谷中の3軒長屋で暮らしていた。

詳しく言えば、
母親とお姉さんと俺の3人で、
パパは南方戦線からまだ戻っていなかった。

当時の午前中食は、
どの家もたいてい芋粥だった。

お粥の部分はお姉さんと俺が食べ、
母親はいつもサツマイモの部分を拾って食べていた。

まだ小さかった俺は、
母親はサツマイモが好きなのだと思っていた。

そして12時のご馳走は焼芋である。
外でチャンバラごっこをしていた俺は、
今まさに新撰組と切り結んでいる最中に、
「やきいもー」という焼芋屋の声がする。

そうなるともう新撰組もない。
俺はあわてて家に駆け込み、
無駄でも「焼芋買ってくれ!」と母親に頼むのであった。

サツマイモばかり食べている連日なのに、
なんでまた焼芋かと言えば、
俺たちが普段食べていたサツマイモは
「タイハク」とかいう水っぽいものなのだが、
焼芋屋の芋はホントに美味い「キントキ」だったのである。

そんなわけで、
お姉さんと俺はたまに焼芋にありつけるのだが、
母親は決して焼芋を食べることはなかった。

いつも「焼芋は胸が焼ける」「今日は食欲不振」と言って、
焼芋にかぶりつく俺たちを見てただ笑っているだけであった。

しばらくすると、
お米もちゃんと配給になり、
パンだって何時間も並べば買えるようになった。

やがて、パパも南方戦線から帰って来て
俺たちは長屋を引っ越し、サツマイモなど長屋時代の思い出は
遥か遠いものとなっていった。

お姉さんと俺にお粥を食べさせようとして、
自分はサツマイモの部分を食べていた母親。

そのくせ、お金がないためか自分だけ焼芋を食べなかった母親。
母親は一体、サツマイモが好きだったのか嫌いだったのか…

今年の中秋の名月の日には、
母親の仏前に焼芋でも供えようかと俺は思う。
■風俗情報:絶滅の危機にある手コキでのプレイ

■風俗情報:絶滅の危機にある手コキでのプレイ

★メニュー

■風俗情報:絶滅の危機にある手コキでのプレイ
■風俗情報:これ知ってますか?風俗豆知識
■風俗情報:安価で楽しむことが出来るお手軽風俗
■風俗情報:風俗の中でも素人の女の子は大人気
■風俗情報:超激安ののぞき部屋という異空間
■風俗情報:デリヘルの利用はやはりホテルが無難
■風俗情報:思いっきり恋人気分をデリヘルでは味わえます
■風俗情報:決してデリヘルは違法営業ではありません
■風俗情報:他の風俗では味わうことの出来ない快楽
■風俗情報:良からぬ業者も存在しているのは確かです


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)噂で広まる最高の風俗